消費者金融 おまとめ

消費者金融でおまとめをする

おまとめローンという商品名ではないもののさまざまな金融機関が借金をまとめるための商品を販売しています。
どのようなところから即日融資キャッシングや借り換えをすればいいのか、悩んでしまって当然です。

 

それでは消費者金融で一本化ということを考えてみましょう。
消費者金融は銀行とは違い金利が高いというイメージがあります。
そしてもう一つ気になるのが消費者金融にかけられている総量規制。
総量規制はご存知の通り年収の3分の1までしか借りることができないものになりますので、借金の一本化に消費者金融は不向きであると考える方が多いでしょう。

 

消費者金融でも取り扱っているローンの種類によって総量規制の対象外となるものがあります。
その一つがおまとめローンです。
そのため金額が多くなったとしても規制対象外になりますのでその点の心配はありません。
金利は確かに低くはありません。
しかし審査が厳しくはないという特徴があります。

 

銀行の金利は確かに低くなっているものの、その審査は非常に厳しくなります。
そのため借金の借り換えという大きな金額の融資を希望するにはすべての人が審査に通過することができるわけではないという特徴も兼ね備えているものです。
銀行の審査に通らなかったからと言って借金の一本化を諦める必要はありません。
そもそも、借金の管理をしやすくなるということが目的になりますので、現在の借り入れている借金よりも金利が高くないのであれば消費者金融であっても借金をまとめる意味があるということになります。

おまとめローン出来た人達口コミ

いくつもの借り入れがあるのであれば毎月の返済が困難になってしまいます。
返済額ということではなく、手間がかかるということです。
また月々の返済額自体が困難ということもあるでしょう。

 

おまとめローンが出来た人達の口コミを見ると、どこに重点を置くのかによっておまとめローンの仕方が変わってくるのがわかります。
例えばあなたが、月々の返済額を支払っていくのが困難なのだというのであればおまとめローンをすることで月々の返済額を少なくすることもできます。
またあなたが負担に感じているのが月に何度も行わなければならない返済という手間であった場合にはその手間を月に一度に代えることもできます。

 

全ての場合においてメリットがありデメリットもあります。
月々の返済額を小さくする分、返済期間は長くなります。
場合によっては利息を考えると返済総額がおまとめ以前よりも高額になることもあります。
それでも返済していくことができる金額に重点を絞るのであれば間違った解決法ではありません。
また、手間を減らすだけで月々の返済額は同程度でも構わないというのであれば月の返済日を一つにするだけではなく、金利を比較したのであればその分利息を軽減することができます。

 

おまとめの目的は人によってそれぞれ。
どんなことが借金をまとめるための目的なのかによってその方法は変わってくるというわけです。
まず、自分にとってその複数の借金の何が負担になっているのかを考えてみましょう。

個人の信用情報に事故がある人は消費者金融の利用できるか?の可能性について

信用情報機関で管理される個人の情報は、名前や住所などの本人を特定する情報の他、契約内容、返済に関する内容、取引事実に関する内容などといった項目で分けられ、それぞれ詳細に管理されます。申込みをうけた消費者金融業者や本人からの依頼で、これらの信用情報を開示することができます。信用情報が記載された書類を、信用情報開示報告書とよびます。

 

信用情報開示報告書では、本人の名前や住所といった「属性」のほか、契約内容、支払い状況、毎月の入金状況などが記されます。情報が開示された時点で、借り入残高がある場合はひとめでわかりますし、長期にわたる支払いの遅れやなども一目瞭然です。また、月ごとの支払い状況をみると、毎月きちんと返済しているかどうかの状況についても分かります。月ごとの支払い状況は24ヶ月分さかのぼって記載されます。

 

延滞や法的措置を取られた情報は事故情報とよばれ、新たな借り入れの契約の際には、マイナスポイントとなります。信用情報機関はあくまで情報を管理しているだけなので、この事故情報について、判断はクレジット会社や消費者金融などの債権者にすべて委ねられることになります。

 

よほどひどい事故情報で無い限り、同じ報告書をうけても、銀行系、信販系、消費者金融など、貸す側の傾向によって判断はかなり違ってくると思われます。また同じ消費者金融であっても、判断材料が多数あるので、審査結果に違いがでるのは当然ともいえるでしょう。